ゴッドファーザー愛のテーマの歌詞で英語を学ぶ!日本語訳と単語の意味解説

イングリッシュ道場 講師の間宮隆量です。   English through music 音楽から英語を学んでみましょう!     最近ぼくも練習している、 「ゴッドファーザー」愛のテーマ を題材にやっていきます!   ※ぼくの歌です↓       英語の正しい発音とリズム感でカッコよく歌いましょう。 歌う前にまず歌詞の意味をチェックします。     歌詞と日本語訳 Speak softly love お前、そっと話してごらん   and hold me warm against your heart そして君の胸によりかかるように僕を暖かく抱きしめてくれ   I feel your words 僕は君の言葉を感じるんだ   the tender trembling moments start 愛のこもった震えるような瞬間が始まる   We're in a world, our very own 僕たちはまさに僕たちだけの世界にいるんだ   Sharing a love that only few have ever known ほとんどの人が経験することのないような愛を分かち合っているんだ     Wine colored days warmed by the sun 太陽で暖められたワイン色の日々   Deep velvet nights, when we are one 僕たちが一つになる、深くてビロードのようになめらかな夜   Speak softly love お前、そっと話してごらん   so no one hears us but the sky 空以外の誰にも聞こえないように   The vows of love we make will live until we die 僕たちがする愛の誓いは死ぬまで生き続けるんだ   My life is yours, and all because 僕の人生は君のもの、そして全ては   You came into my world with love so softly love 君が愛と共にとてもそっと僕の人生に入ってきてくれたからなんだ、お前。         この歌詞から学べる英語の知識 softly の使い方 Speak softly love お前、そっと話してごらん     softlyは、『声』や『音』に関して 「穏やかに」「静かに」という意味です。 (対義語:loudly)     【例文】 She speaks softly. =She speaks in a soft voice. 「彼女は静かな声で話す。」     形容詞形の soft で他の意味もチェックしてみましょう。     soft(形容詞) 優しい (対義語:hard)   Kate has a soft heart. 「ケイトは心が優しい。」   厳しくない、寛大な(~with または on) (対義語:tough)   She is too soft with [on] her son. 「彼女は子供に甘すぎる。」   (体、筋肉が)弱い、軟弱な (対義語:strong)   He has become soft through lack of excercise. 「彼は、運動不足で体が弱くなってしまった。」         love の使い方 Speak softly love お前、そっと話してごらん     恋人への呼びかけの言葉 「あなた」「お前」         warm は本来 warmly and hold me warm against your heart そして君の胸によりかかるように僕を暖かく抱きしめてくれ     実は warmly「暖かく」が文法上は正しいのですが、 リズムをより良くするため warm を使用しています。         against の使い方 and hold me warm against your heart そして君の胸によりかかるように僕を暖かく抱きしめてくれ     against は「接触」「圧迫」「衝突」という視点で 「~に対して」「~に押し付けて」「~によりかかって」 という意味になります。     【例文】 He is leaning against the door. 「彼はドアにもたれかかっている。」   She put her ear against the wall. 「彼女は壁に耳を押しあてた。」   A car ran against the wall. 「車が塀に衝突した。」       against の原義は「向かい合って」ですが、 それが「対立」に発展しました。   He fought against his enemy. 「彼は敵と戦った。」       対立の意味を持つ「with」を使った He fought with his enemy. よりも、against のほうが「対抗して」の意味が強いです。         heart の意味 and hold me warm against your heart そして君の胸によりかかるように僕を暖かく抱きしめてくれ     heart は「胸部」「心臓」の意味です。         tender の意味 the tender trembling...
Read More

英検1級~2級レベルの問題解説

イングリッシュ道場では授業外でも毎週、 生徒さんのレベルに合わせた問題と解説を メールやLINEでお送りしています。   このページでは、これまでに生徒さんに お送りしたメールやLINEの中から、 英検1級~2級レベルの問題を一部ご紹介します。       単語の正しい意味を選んで答える問題 【問題】次の単語の説明として正しいものはA~Dのうちどれか? pack   A. an animal that lives all by itself B. the name of animal footprints C. the name of a group of animals D. the sound that animals make     【問題】次の単語の説明として正しいものはA~Dのうちどれか? a paw   A. sharp teeth B. thick hair covering an animal’s body C. a long tail D. the foot of an animal     【問題】次の単語の説明として正しいものはA~Dのうちどれか? terrestrial   A. animals that live in water B. animals that live on the land C. animals that fly D. animals that eat wood     【問題】次の単語の説明として正しいものはA~Dのうちどれか? nocturnal   A. animals that are active during the day B. animals that are active during the night C. animals that are able to swim D. animals that eat only grass     【問題】次の単語の説明として正しいものはA~Dのうちどれか? to hibernate   A. to be awake at night B. to lay eggs C. to sleep during the the winter D. to make a nest     【問題】次の単語の説明として正しいものはA~Dのうちどれか? a cub   A. a baby mammal B. a cave in which an animal lives C. a name of a group of animals D. another name for a horn     【問題】次の単語の説明として正しいものはA~Dのうちどれか? a hoof   A. something inside a horse’s mouth B. horse’s dropping C. the long hair on a horse’s back D. a horse’s foot     【問題】次の単語の説明として正しいものはA~Dのうちどれか? serpent   A. an insect with many legs B. another name for snakes C. a poisonous fang D. an insect with...
Read More

大学受験のリーディング(共通テスト)対策

イングリッシュ道場では授業外でも毎週、 生徒さんのレベルに合わせた問題と解説を メールやLINEでお送りしています。   このページでは、これまでに生徒さんに お送りしたメールやLINEの中から、 大学受験のリーディングの問題を一部ご紹介します。       問題 【問題】代動詞 DO SO は何を示すか、英語で答えよう! When Burton and Speke explored Lake Tanganyika in East Africa in 1858, they were not the first outsiders to DO SO.       この問題の解説 do so「そうする」   do/does/did には、前の動詞の内容を受ける働きがあります。 このdoが代動詞!   do so = explore Lake Tanganyika     【代動詞の例】 I love you more than Rob does. 「ロブより僕の方が君のことを愛してる。」 does = loves you       文中に出てきた他の単語の解説 explore「探検する」   この単語は語源で覚えましょう!     語源で覚えよう! explore ex(外で)+plore(泣き叫ぶ) 「泣き叫ぶように大声をあげて、外にいる獲物を探し出す」 「探検する」   plore「泣き叫ぶ」 = cry aloud     次の単語は東大、京大レベル!   語源で覚えよう! deplore de(強意)+plore(泣き叫ぶ) 「嘆き悲しむ」「残念に思う」   語源で覚えよう! implore im(中に= in)+plore(泣き叫ぶ) 「相手の心の中に泣き叫んで頼む」 「嘆願する(必死になって頼む)」           問題 【問題】Bのセリフの one は何を指すか、1単語で答えよう! A : Wow! You have so many books. You must really love to read. B : Yeah, actually I need a bookshelf, but I can’t afford the one I want yet.           問題 【問題】this new technology は何を指すか、英語で答えよう! Biotechnology could offer great advantages to the whole world. If this new technology works, the gap between population increase and food production will be narrowed.       この問題の解説 一度登場した名詞を 「the+名詞」や「this+名詞」で 言い換えることがよくあります!   特に「this+名詞」と「these+名詞」は、 それまでの内容をまとめる働きを持ちます。       文中に出てきた他の単語の解説 could 「可能性がある」「しうる」 ※今回の場合は「できた」ではない!   work 「機能する」「上手くいく」   technology 「科学技術」「工学」   narrow 「狭くする(動詞)」「狭い(形容詞)」         お疲れ様でした! それではまた。ファイトー!...
Read More

高校1年生の定期テスト対策

イングリッシュ道場では授業外でも毎週、 生徒さんのレベルに合わせた問題と解説を メールやLINEでお送りしています。   このページでは、定期試験をひかえた 高校1年生の生徒さんにLINEでお送りした、 そのときのテスト範囲からの問題を一部ご紹介します。       関係詞の問題 【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Rob is a scholar ( ) many people respect.   1. as 2. when 3. what 4. whom     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? I have a friend ( ) father is a famous painter.   1. who 2. whose 3. whom 4. that     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? This is a doghouse ( ) my father made.   1. which 2. what 3. who 4. whose     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? This is the first movie ( ) he had made.   1. who 2. whom 3. that 4. what     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Look at the mountain ( ) top is covered with snow.   1. which 2. that 3. whom 4. whose       お疲れ様でした! それではまた。ファイトー!...
Read More

TOEICのReading対策

イングリッシュ道場では授業外でも毎週、 生徒さんのレベルに合わせた問題と解説を メールやLINEでお送りしています。   TOEICに向けて勉強中の生徒さんに LINEでお送りした練習問題と その解説を一部ご紹介します。       問題 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? The development of the new product was ( ) by poor planning and a lack of preparation.   A. detained B. destined C. delayed D. demanded       この問題の解説 by~「~によって」   「計画の悪さと準備不足によって」から考えて、 「遅れる」delayed が適切だとわかります!   delay は「遅らせる」という意味のため、 受け身の be delayed にして 「遅らされる」→「遅れる」となります。       文中に出てきた他の単語の解説 development「開発」 【動詞】develop「開発する」   product「製品」 【動詞】produce「生産する」   lack「不足」 a lack of ~「~の不足」   preparation「準備」 【動詞】prepare「準備する」         他の選択肢の解説 A. detained「勾留されている」 tain「保つ」!   語源で覚えよう! detain de(離れて)+tain(保つ) 「離れた所に置いておく」 「勾留する」「引き止めておく」   語源で覚えよう! contain con(共に)+tain(保つ) 「一緒に中に入れて保つ」 「含む」         B. destined「運命づけられている」 stin=stand「立つ」!   語源で覚えよう! destined de(下に)+stin(立つ)+ed(形容詞) 「神の下に立っている」 「運命づけられて」   destiny「運命」   destination「運命の地」 →「目的地」     stin でもう1例、野球のベンチの前に 立って待っている交代選手を 思い出して覚えてみてください!   語源で覚えよう! substitute sub(下に)+stitute(立つ) 「誰かの下で(後ろで)立って待っている」 「代わりをする」「交代選手」         D. demanded「要求される」 mand「命令する」   語源で覚えよう! demand de(完全に)+mand(命令する) 「強く命令して要求する」   語源で覚えよう! command com(完全に)+mand(命令する) 「命令する」           問題 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? It was my first time ( ) a meeting where the CEO and other top managers were present.   A. attend B. attended C. attending D. to attend       この問題の解説 It’s one’s first time to+動詞原形 「人が動詞するのは初めてだ」   attend+O 「Oに出席する」   at(「~へ」= ad)+tend(「のびていく」) →「~の方へのびていく」 →「~に行く」 →「~に出席する」     attend の名詞形は attention 「気持ちがのびていく」→「注意」   pay attention to~ 「~に注意を払う」         文中に出てきた他の単語の解説 present「出席して」 【対】↓↑ absent「欠席して」     名詞「プレゼント(贈り物)」の present は、 形容詞の場合は2つの意味があります!   S is present. 「Sは出席している。」「Sは存在している。」   present+名詞 「現在の(今の)名詞」     【この例文でイッキに覚えよう!】 The present mayor is present at the meeting. 「現職の市長(今の市長)が会議に出席している。」           問題 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? After I finish work, I ( ) go to the fitness club to lift weights and swim.   A. usually B. undoubtedly C. universally D. unilaterally       この問題の解説 動詞の go が現在形なので、 文全体は「習慣的な行動」を表します!   「普通」「普段」「いつも」といった 習慣的な意味の usually が適切です。   他の選択肢の解説も見ていきましょう。       B. undoubtedly「疑いようがなく」 doubt「ではないかと疑う」   doubted「疑われる」 (過去分詞)   undoubted「疑われない」 (in=否定「~でない」)   undoubtedly「疑いようがなく」 (形容詞+ly →副詞)         C. universally「普遍的に」 uni =「1つ」!   universe 「全てが1つになったもの」 →「宇宙」「世界」   universal 「全ての人に共通の(行き渡るような)」「普遍的な」   universally 「全ての人に共通して」「普通的に」         D. unilaterally「一方的に」 Cと同じく、語源の uni は「1つ」という意味です。   「片方の側だけが行うように」 →「一方的に」   これは英検1級でもよく出ます!         お疲れ様でした! それではまた。ファイトー!...
Read More

中学3年生の定期テスト対策

イングリッシュ道場では授業外でも毎週、 生徒さんのレベルに合わせた問題と解説を メールやLINEでお送りしています。   このページでは、定期試験をひかえた 中学3年生の生徒さんにLINEでお送りした、 そのときのテスト範囲からの問題を一部ご紹介します。     ( )に入る答えを4択から選ぶ問題 【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Look at these men ( ) water.   1. drink 2. to drink 3. drinking 4. drank     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? This is a book ( ) by Soseki.   1. write 2. written 3. writing 4. wrote     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? They stopped ( ) city buses.   1. riding 2. rode 3. to ride 4. ride     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Here are some of the words ( ) by him.   1. speaking 2. spoken 3. speak 4. spoke     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? This is a book ( ) shows houses in Asia.   1. this 2. who 3. that 4. it     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? I’d like ( ) Mongolia.   1. to go 2. to visit 3. go to 4. visit to     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Mr. White is a teacher ( ) comes from Australia.   1. who 2. which 3. and 4. he     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? This is a bus ( ) goes to the station.   1. who 2. it 3. and 4. which     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? This is a film ( ) by him.   1. which was made 2. who was made 3. that made 4. which made         日本語の通りになる( )に入る答えを4択から選ぶ問題 【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? 「私は音楽を聞くのが好きです。」 I like ( ) music.   1. to listen to 2. to listening 3. listening 4. to listen     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? 「Eメールを送るのは私には簡単です。」 It is easy ( ) emails.   1. for me sending 2. for me to send 3. to me for send 4. to send for me     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? 「私はその写真を見て悲しかった。」 I was ( ) the picture.   1. sad seeing 2. to see sad 3. sad to see 4. sad see     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? 「何について話したらいいかわかりません。」  I don’t know ( ) about.   1. how to talk. 2. how talking 3. what to...
Read More

中学2年生の定期テスト対策

イングリッシュ道場では授業外でも毎週、 生徒さんのレベルに合わせた問題と解説を メールやLINEでお送りしています。   このページでは、定期試験をひかえた 中学2年生の生徒さんにLINEでお送りした、 そのときのテスト範囲からの問題を一部ご紹介します。       文法問題 【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Amy ( ) tennis every Sunday.   1. play 2. plays 3. is playing 4. do play     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Amy ( ) basketball last Sunday.   1. plays 2. was playing 3. played 4. plays     【問題】正しい返事は1~4のうちどれか? What did you do during the spring vacation ? と聞かれたら   1. I went to Hawaii. 2. I go to Hawaii. 3. I will go to Hawaii. 4. I’m going to go to Hawaii.     【問題】正しい返事は1~4のうちどれか? Did you swim ? と聞かれたら   1. Yes, I do. 2. Yes, you did. 3. Yes, I did. 4. Yes, you did.     【問題】次の条件のとき、適切なものは1~4のうちどれか? I bought this aloha shirt. このとき、this aloha shirt が答えの中心になる疑問文は?   1. What did you buy ? 2. Who bought this aloha shirt ? 3. When did you buy this aloha shirt ? 4. Where did you buy this aloha shirt ?       お疲れ様でした! それではまた。ファイトー!...
Read More

中学1年生の定期テスト対策

イングリッシュ道場では授業外でも毎週、 生徒さんのレベルに合わせた問題と解説を メールやLINEでお送りしています。   このページでは、定期試験をひかえた 中学1年生の生徒さんにLINEでお送りした、 そのときのテスト範囲からの問題を一部ご紹介します。     ( )に入る答えを4択から選ぶ問題 【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Tom ( ) math every day. 「トムは毎日数学を勉強します。」   1. studies 2. is studying 3. study 4. studying     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? The students ( ) language arts. 「その生徒たちは言語技術を勉強しています。」   1. is studying 2. study 3. are studying 4. studies     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? This boy ( ) a speech. 「この少年はスピーチを練習しています。」   1. practices 2. is practicing 3. practice 4. practicing     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? These students ( ) a poster. 「この生徒たちはポスターを作っています。」   1. make 2. is making 3. makes 4. are making     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? The girl ( ) music. 「その女の子は音楽を聞いています。」   1. is listening to 2. listens to 3. is listening 4. listen to     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? This is Mike. ( ) is my cousin.   1. She 2. She’s 3. He 4. He’s     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Lise ( ) cats. 「リサはネコが好きです。」   1. like 2. likes 3. is like 4. do like     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? My father ( ) dogs. 「父は犬が好きではない。」   1. don’t like 2. isn’t like 3. doesn’t like 4 doesn’t likes     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? ( ) your sister like apples ? 「あなたの妹はりんご好き?」   1. Is 2. Do 3. Are 4. Does     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Emi and Koji ( ) math. 「エミとコウジは数学が好きだ。」   1. like 2. likes 3. is like. 4. does like     【問題】()に入る答えは1~4のうちどれか? Lisa’s brother Taka ( ) in Nagoya. 「リサの弟のタカは名古屋に住んでいます。」   1. lives 2. live 3. is live 4. are live         日本語に対する正しい英訳を4択から選ぶ問題 【問題】正しい英訳は1~4のうちどれか? 「トムは今数学を勉強してますか?」   1. Does Tom study math now ? 2. Is Tom studying math now ? 3. Is Tom study math now ? 4. Do Tom study math now ?     【問題】正しい英訳は1~4のうちどれか? 「ケイトは今車を運転していません。」   1. Kate isn’t driving a car now. 2. Kate not is driving a car now. 3. Kate doesn’t drive a car now. 4. Kate isn’t drive a car now.     【問題】正しい英訳は1~4のうちどれか? 「Are you singing...
Read More

【南山大学】英語の過去問(2013年度)大問2の解説(経営学部・理工学部)

イングリッシュ道場 講師の間宮隆量です!   イングリッシュ道場ではこれまでに 多くの生徒さんを南山大学に合格させてきました。   合格実績の一覧はこちら     このページでは、生徒さんに教えているように、 南山大学受験問題(経営、理工学部)の解説をしていきます。   今回は2013年度の過去問から、大問Ⅱの解き方解説です。   大問Ⅰの解説はこちら     大問Ⅱは、文章の「下線を付けた語(句)」のうちから 1つだけ誤りを選ぶという問題で、慣れが必要です。   詳しい解説といっしょに見ていきましょう!   大問Ⅱの21(上級レベル) 【問題】下線A~Dのうち、誤りはどれか? According to (A) a research, the reason that (B) most people fail (C) in their efforts to diet (D) has been identified.       この問題の解説 efforts「努力」 identify「突き止める」「確認する」     research は「研究」「調査」という意味です。   この「研究」「調査」は、漠然とした 概念的な意味で、数えられない名詞です。 なので、aがついたり、複数形になったりしません。     同じく「研究」を意味する study は数えられる名詞で、 a study や studies となります。 (1回分の研究、というイメージです)   また、「調査」を意味する survey は数えられる名詞で、 a survey や surveys となります。 (1回分の調査、というイメージです)         他の選択肢の解説 (B)most+名詞「ほとんどの名詞」 most people で「ほとんどの人」という意味になり、 文章として正しいです。     これに対して、most of の場合を紹介します。     most of the 名詞 most of the letters 「その手紙の大部分」   most of one’s 名詞 most of my pens 「僕のペンの大部分」   most of this 単数名詞 most of this story 「この物語の大部分」   most of these 複数名詞 most of these stories 「これらの物語の大部分」   most of 代名詞 most of them 「彼らのほとんど」   most of 固有名詞 most of England 「イングランドの大部分」     most と most of の問題は よく出題されるので注意してくださいね。         (C)fail in 名詞「名詞に失敗する」 これも文章として正しいです。   次に動詞が来る場合は、 to不定詞を使って「fail to 動詞原形」となります。   fail to 動詞「~できない」         (D)has been 主語が the reason ですので、 三人称単数形の現在完了の受け身で……   the reason (that most people fail in their efforts to diet) has been identified.   よって正しいです。           大問Ⅱの22(中級レベル) 【問題】下線A~Dのうち、誤りはどれか? (A) Surrounded by the changing shades of (B) natural, Japanese people have (C) developed a deep (D) appreciation of color.       この問題の解説 shade は普通「陰」「日陰」の意味ですが、 「shades of 名詞」のように名詞の修飾語がある場合は 「色合い」「色調」という意味になります。   the changing shades of nature 「変化している自然の色調」   【例文】 There are several shades of blue in the sky. 「空には色々な色調の青さがある。」       さて、難しい単語がありますが文法的には基本です。     natural は「自然の」という意味の【形容詞】です。   of は前置詞で、次が名詞でないといけないため nature「自然」【名詞】が正しいというわけです。         他の選択肢の解説 (A)surrounded これは分詞構文で、正しいです。   元の文はこうなります。 ↓ Since [Because/As] they are surrounded by the changing shades of nature, Japanese people have developed a deep appreciation of color.         (C)developed「発達させる」 develop「発達させる」「発達する」   この文では次に a deep appreciation of color という 目的語(O)があるため「発達させる」の意味です。         (D)appreciation「理解」「評価」 a...
Read More

【南山大学】英語の過去問(2013年度)大問1の解説(経営学部・理工学部)

イングリッシュ道場 講師の間宮隆量です!   イングリッシュ道場ではこれまでに 多くの生徒さんを南山大学に合格させてきました。   合格実績の一覧はこちら     このページでは、生徒さんに教えているように、 南山大学受験問題(経営、理工学部)の解説をしていきます。   今回は2013年度の過去問から、大問Ⅰの解き方解説です。     南山大学の受験問題の特徴 経営学部は大問Ⅰ~Ⅵまで、6問全部を90分で、 情報理工学部は大問Ⅰ~Ⅴまで、5問を60分で、 解答することになります。   このページで解説する「大問Ⅰ」は、 経営学部も理工学部も必須で解答します。     初級、中級、上級レベルの問題があり、 上級レベルは本当に難しいので、 できなくてもOKだと私は考えています。   上級レベルに力を割くよりも、 初級と中級の問題を確実にクリアしていくのが イングリッシュ道場が教えてきた南山の攻略法です!       このページでは、実際の過去問に沿って、 具体的な解き方を解説していきます。   過去問に掲載されている解答・解説は簡潔なので…… ↓   「これを見てもよくわからない」 「ただ暗記するだけになっちゃう」と よく生徒さんからご相談いただきます!   なのでこのページでは詳しく解説しますね。 なるべく暗記せずに覚えられる考え方も載せます。     さて大問Ⅰは、()に入る適切なものを A~Dのうちから選ぶ、4択問題です。 実際の問題を見ていきましょう!         大問Ⅰの1(中級レベル) 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? ( )the absence of the principal. Ms. Smith is in charge of the school.   (A)At (B)By (C)In (D)On       この問題の解説 in the absence of~ 「~がいない時に」   この熟語の暗記が必要です。         in the absence of の覚え方 形容詞形のabsent「欠席して」「いない」 こちらなら見たことがあるかもしれませんね。   He is absent from school today. 「彼は今日学校を休んでます。」   このabsentの名詞形が、 absence「欠席」「いないこと」 になります。     absentを知らない場合の覚え方 absent ab(離れて=away)+sent(いる) 「いるべき所から離れて」 「いない」「欠席して」   sent「いる」を覚えておくと便利です!         この問題の解き方 この問題では、前置詞inが正解でした。   (In)the absence of the principal, Ms. Smith is in charge of the school. 「校長先生がいない時は、スミス先生が学校の責任者です。」     では他の選択肢をどうやって消去していけばいいのか、 考え方を見ていきましょう!   (A)At (B)By (D)On     まず、「校長先生がいない時は」の 「~の時は」の意味にしたいため、 (B)のByは違うと判断し消します。     (A)のAt、(C)のIn 、(D)のOn…… これらはどれも「~の時は」を表しますが、 微妙に意味が異なります。   atはピンポイント at 9 o’clock 「9時に」   on+特定の日 on my birthday 「誕生日に」   in+長い範囲の時間 in January 「1月に」     「校長先生がいない時」は、 比較的長い時間だと考えて、 今回はinが適切だということになりました。   といっても、「校長先生がいない時」という時間は、 短時間なのか、特定の1日なのか、何日も続く長期間なのかが この問題文からはわからないので、 ちょっと難しいところですよね。   なのでここは消去法的な考え方で、   「at」にすると、ハッキリとした ピンポイントな時間に決めつけてしまう。 「on」にすると、ハッキリとした 1日限定のような意味に決めつけてしまう。   だから、最も柔軟で無難な選択肢として「in」だ!と考えます。         in the absence of の反対語 反対語も出題されそうです。   in the presence of ~ 「~がいるところで」「~の面前で」 ※in the absence of ~の反対語     presence 「存在」「いること」「出席」     present「プレゼント」と同じ語源です。   語源で覚えよう! present pre(前に)+sent(ある) 「前にある」 「前に差し出す」 「贈呈する」(「与える」の堅い表現の動詞)     present+人+with+物 「人に物を贈呈する」     この形容詞の使い方も覚えると便利です。   「目の前にいる」という意味が転じて →「存在して」「出席して」【形容詞】 「目の前に今ある」という意味が転じて →「今の」【形容詞】     この形容詞の意味の場合は使い方が違います。   【例文】 The present mayor is present at the meeting. 「今の市長が会議に出席している。」   present+名詞 →今の名詞(限定用法)     S is present. 「Sが出席している」(SVCのCになる叙述用法) ↑ よく出題されるのはこの形です。     those present =those who are present 「出席者」           大問Ⅰの2(初級レベル) 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? When we arrived at the station, our train( )already left.   (A)has (B)would have (C)will have (D)had       この問題の解説 過去完了形の基本的な問題です。     When we arrived at the station, 「私たちが駅に着いた時」→過去形!   our train had already left. 「私たちが乗る電車はすでに出発していた。」→過去完了形!     過去完了形の問題では When S+V(過去形), S +had already+V(過去分詞形) が基本です。           大問Ⅰの3(初級レベル) 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? I didn't know you were capable( )cooking such a wonderful meal.   (A)for (B)of (C)when (D)with       この問題の解説 be capable of doing 「~する能力がある」   基本レベルの熟語です。 英検準二級にも出題されます。     be capable of doing(動名詞) 「~する能力がある」 または be capable of 名詞 「~の能力がある」     of は前置詞のため、直後に名詞が置かれます。 ※前置詞:名詞の前に置く品詞   動詞の場合は、名詞に変身させるために 動詞ing(動名詞)を使います。 ※動名詞:動詞を名詞にする品詞       capable という単語を知らなくても、 語源から意味を推測することができます。   語源で覚えよう! capable cap(つかむ)+able(できる) 「つかめる」 「できる」「能力がある」     【名詞形】capability 「能力」「才能」   capacity 「(受け入れる)能力」→「収容能力」           大問Ⅰの4(中級レベル) 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? ( )wish to extend your check-out time, please contact the hotel reception desk.   (A)Would you (B)Should you (C)Do you (D)Could you       この問題の解説 仮定法未来形で、可能性が低く「万一~なら」を表す should を用いた文の倒置形です。     【元の形】 If you should wish to extend your check-out time, please contact the hotel reception desk.   この文で should を文頭に出して倒置形にすると 意味は同じまま ifがなくなります。   Should you wish to extend your check-out time, please contact the hotel reception desk.     If S should...
Read More