TOEICのReading対策

イングリッシュ道場では授業外でも毎週、 生徒さんのレベルに合わせた問題と解説を メールやLINEでお送りしています。   TOEICに向けて勉強中の生徒さんに LINEでお送りした練習問題と その解説を一部ご紹介します。       問題 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? The development of the new product was ( ) by poor planning and a lack of preparation.   A. detained B. destined C. delayed D. demanded       この問題の解説 by~「~によって」   「計画の悪さと準備不足によって」から考えて、 「遅れる」delayed が適切だとわかります!   delay は「遅らせる」という意味のため、 受け身の be delayed にして 「遅らされる」→「遅れる」となります。       文中に出てきた他の単語の解説 development「開発」 【動詞】develop「開発する」   product「製品」 【動詞】produce「生産する」   lack「不足」 a lack of ~「~の不足」   preparation「準備」 【動詞】prepare「準備する」         他の選択肢の解説 A. detained「勾留されている」 tain「保つ」!   語源で覚えよう! detain de(離れて)+tain(保つ) 「離れた所に置いておく」 「勾留する」「引き止めておく」   語源で覚えよう! contain con(共に)+tain(保つ) 「一緒に中に入れて保つ」 「含む」         B. destined「運命づけられている」 stin=stand「立つ」!   語源で覚えよう! destined de(下に)+stin(立つ)+ed(形容詞) 「神の下に立っている」 「運命づけられて」   destiny「運命」   destination「運命の地」 →「目的地」     stin でもう1例、野球のベンチの前に 立って待っている交代選手を 思い出して覚えてみてください!   語源で覚えよう! substitute sub(下に)+stitute(立つ) 「誰かの下で(後ろで)立って待っている」 「代わりをする」「交代選手」         D. demanded「要求される」 mand「命令する」   語源で覚えよう! demand de(完全に)+mand(命令する) 「強く命令して要求する」   語源で覚えよう! command com(完全に)+mand(命令する) 「命令する」           問題 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? It was my first time ( ) a meeting where the CEO and other top managers were present.   A. attend B. attended C. attending D. to attend       この問題の解説 It’s one’s first time to+動詞原形 「人が動詞するのは初めてだ」   attend+O 「Oに出席する」   at(「~へ」= ad)+tend(「のびていく」) →「~の方へのびていく」 →「~に行く」 →「~に出席する」     attend の名詞形は attention 「気持ちがのびていく」→「注意」   pay attention to~ 「~に注意を払う」         文中に出てきた他の単語の解説 present「出席して」 【対】↓↑ absent「欠席して」     名詞「プレゼント(贈り物)」の present は、 形容詞の場合は2つの意味があります!   S is present. 「Sは出席している。」「Sは存在している。」   present+名詞 「現在の(今の)名詞」     【この例文でイッキに覚えよう!】 The present mayor is present at the meeting. 「現職の市長(今の市長)が会議に出席している。」           問題 【問題】()に入る答えはA~Dのうちどれか? After I finish work, I ( ) go to the fitness club to lift weights and swim.   A. usually B. undoubtedly C. universally D. unilaterally       この問題の解説 動詞の go が現在形なので、 文全体は「習慣的な行動」を表します!   「普通」「普段」「いつも」といった 習慣的な意味の usually が適切です。   他の選択肢の解説も見ていきましょう。       B. undoubtedly「疑いようがなく」 doubt「ではないかと疑う」   doubted「疑われる」 (過去分詞)   undoubted「疑われない」 (in=否定「~でない」)   undoubtedly「疑いようがなく」 (形容詞+ly →副詞)         C. universally「普遍的に」 uni =「1つ」!   universe 「全てが1つになったもの」 →「宇宙」「世界」   universal 「全ての人に共通の(行き渡るような)」「普遍的な」   universally 「全ての人に共通して」「普通的に」         D. unilaterally「一方的に」 Cと同じく、語源の uni は「1つ」という意味です。   「片方の側だけが行うように」 →「一方的に」   これは英検1級でもよく出ます!         お疲れ様でした! それではまた。ファイトー!...
Read More